肩の痛みの原因は体の硬さ?ストレッチで痛み改善

怪我しやすい部位、肩

怪我しやすいのにも関わらず、怪我をしてしまうと

制限がすごく多くなってしまいますよね

多くの原因はフォームと言われることがありますが、

そのフォームを作れないのはぜか

と掘り下げていくと

柔軟性に行き着く場合が多い

かと思います。

そこで今回は肩の痛みが出ない

良いフォームを作れるようになる為のストレッチを

みていきます。

関節可動域が増やせるので

伸び悩んでいる人や筋肉の形が思い通りに成長しない人

にも良い効果があるので是非やってみてください!

2つのうちどれかを押してランキング応援お願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへにほんブログ村 英語ブログへ


ワッツアップ!筋肉翻訳です!
今日はトレーニングとか日常で肩を痛めないための
ストレッチみていきましょう
まずはドアの間でできるストレッチ
まず肘を90度に曲げて前に突っ込みます
90度っていうのが大事
これだけで大胸筋が伸びてくるかなと思います
そのまま腕を上に上げていくと
大胸筋とこちらでは小胸筋も伸ばすことができます
さあ今度はこちら後ろで腕を組んでいきます
肘を伸ばしたまま上げていこう
ちょっと肘曲がってるけどこの程度なら良いんでしょう
そんなに遠くまでは腕は動きません
胸の伸びを感じましょう
胸を張り直してもう一度胸を張れるとさらに伸ばすことができます
今度はボールでコロコロしていきます
ストレッチするためにはテニスボールがやソフトボールでも
良いよと言っています
手を後ろにして鎖骨の下あたりで小さな円を描くように動かします
そして固いところを探していきましょう
今度はストレッチポール、円柱状のものを使います
横に置いて肋骨の一番下にセット
腰には置いちゃダメと言っています
そして脚を伸ばしてから後ろに倒れます
腕をあげるとより負荷が高まります
大体10秒から15秒キープしたら
身体を起こしてローラーの位置を体の上に動かして
もう一度倒れます
痛みがないか確認しながら行いましょう
こちら番外編
バーベルを持ってより伸ばしています
さっき円柱状のものを置いていたけど
それよりももっと胸周りの小胸筋周りが伸びるようにしてるのかな
こちら音声がなかったから細かくわかりませんでした
ごめんなさい
でもこれは共有したかったので上げてみました。
是非みなさんやってみてください!




Author: muscletranslation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です