ふくらはぎを太くする為に大切なこと

細すぎる脚が嫌になっている人はいませんか?

ふくらはぎっていつも使う部分なはずなのに

なかなか成長してくれない

ですよね?

そんな方達のためにトッププロは

どんなトレーニングをしているのか

何を気をつけてトレーニングしているのか

一緒に見ていきましょう!

2つのうちどれかを押してランキング応援お願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへにほんブログ村 英語ブログへ


ワッツアップ筋肉翻訳です!
今日はふくらはぎを大きくする為のコツについて見ていきましょう
ふくらはぎには表面にある腓腹筋と深層部にあるヒラメ筋があります
腓腹筋は膝関節と足関節、足首をまたぐ筋肉なので
膝を曲げる機能もあります
レッグカールとかスクワットでも刺激は入ります
ただ、この動作だと底屈、つま先を下に向ける方向の可動域が小さいから
直接鍛える必要があります
ヒラメ筋は足関節のみにかかっているから
膝を曲げた状態でのカーフレイズが入りやすい
腓腹筋は脚を伸ばしておいたほうが入りやすい
どちらも足首を伸ばす時には使われます
僕は自分に合った方法を見つけたんだ
他の部位と同じように5日に1回カーフをトレーニングする
8~12回で限界が来る重量で行ったよ
最大の刺激が得られるように
深く強く一番下のストレッチポジションまで動かして
収縮が強くなるように動かしたんだ
コントロールするんだ
重すぎる重量ではやっちゃダメだよ
片足ずつでストレッチしっかりかけて行う
ジェイカトラー
動作のリズムとストレッチを高重量でしっかりかける
ロニーコールマン
重量はあまりかけずにハイレップでコントロールしまくる
カイグリーン
歴代ボディビルダーみんなに言えることは
高重量低回数高回数であったりしても
とにかくストレッチからの最大収縮は皆に共通してること
なので自分で最大ストレッチをしやすいやり方、最大収縮をやりやすいやり方を
自分で選んでいくといいんじゃないでしょうか
とにかくストレッチは重要な気がしてきました




Author: muscletranslation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です