筋肉増強の代償は大きい…アスリートなら知っておきたい禁止薬物ステロイドの効果と副作用

今回ご紹介する動画は、皮膚などの体の炎症を抑えるほか、筋肉の増強剤として使われることが有名なステロイドの効果と副作用
筋トレを始めると耳にする機会が多いステロイド。アスリートの世界では禁止薬物としてもよく知られていますが、それでも「オリンピック選手がドーピングに使用した!」などニュースでもよく見かけますね。
なぜ禁止されているのか。そしてなぜそれでも使用する選手が現れるのか。ステロイドを摂取することで得られる効果や、その代償の副作用についてこの動画が明らかにしてくれます。

California Gold Nutrition, チョコレート植物由来プロテイン、植物性、消化しやすい、907g(2lb)
California Gold Nutrition, チョコレート植物由来プロテイン、植物性、消化しやすい、907g(2lb)

iHerbで購入

「Effects of steroids on the body」の和訳

ステロイドの効果は筋肉増強を自然な状態よりも強化するよ
筋肉を増やすカギとなるのは
タンパク質合成と細胞の修復だね
骨格筋はタンパク質を含む
長い繊維によって成り立っているんだ
千もの繊維の束が筋肉を構成しているよ
アスリートはキツイトレーニングに従事してるね
この構造は小さく引き裂かれる損傷を負うんだ
身体は自然にこの引き裂かれた繊維の損傷を
修理することで修復するのさ
その結果筋肉は以前より大きく強くなるんだ
アスリートはそれぞれトレーニングを追加することで
サイズ、強さそしてスピードを手に入れるんだよ
ステロイドは筋肉の修復を早めてくれるよ
はるかに速くね
自然なテストステロンレベルのアスリートが
激しいトレーニングをした時
未知の理由で急降下して
去勢された人のようになってしまうことがあるんだ
身体は炎症を軽減するためグルココルチコイドって言う
また別のホルモンを出すんだ
しかしグルココルチコイドには第2の影響があるんだ
それはカタボリックなんだ
筋肉繊維を分解してしまうんだよ
筋肉に対して二つの強力な力を発揮するんだ
テストステロンレベルを下げること、
筋肉を破壊するホルモンを増加することにね
ステロイドはホルモンバランスを
2つの方向に影響があると推測されているんだよ
一つ目はトレーニング後のテストステロンレベルを
補充して筋肉の補修を加速させることさ
そしてグルココルチコイドによる筋肉の分解も抑えてくれるんだ
結果として筋肉をより早く大きく強くしてくれるよ
アスリートにとってこの二つの障害を抑制することは
すごく大きな利点になるよね
いくつかの短期的な皮膚の変わりようを経験するだろう
背中にひどいニキビができるよ
同様に顔にもね

女性化乳房
乳頭の下に体脂肪を蓄積させるんだ
原因は胸が膨らむことで精巣萎縮も起こる
精巣のサイズが通常のサイズよりも縮小するんだ
女性ではアンドロゲン性脱毛症や男性的になったりするよ
副作用などもっとあるんだ
男性的なハゲの進行や永続的に声が低くなることさえあるんだ
おっぱいは縮むだろうしクリトリスは肥大するよ
ステロイドユーザーは外から見ればより
大きくマッチョに見えるだろうね
でも内側ではこんなことが起こると医者は信じてるんだ
経口式のステロイドでは肝臓の腫瘍やガンに関連するんだ
ペレオシスエペティータスと呼ばれる稀な症状に苦しむよ
肝臓の血の塊が破裂して内出血を起こすことがあるんだ
いくつかの研究では腎臓にできた腫瘍は減少する
身体では血液をろ過する能力が失われて
毒素が蓄積する為体液貯留が増加して血圧が上がるんだ
やがて腎不全になるね
でもまだステロイドの影響で注意すべきことが心臓にあるんだ
ステロイドは劇的にコレステロールレベル
をあげて心臓発作などのリスクをあげることもあるんだ
長年医者はステロイドと心疾患の関連を疑っているんだ
ステロイドは血中のHDLコレステロールレベルを下げるよ
良いコレステロールとして知られているものだね
医者はHDLコレステロールが心疾患から
心臓血管系を守ってくれると信じてるんだ
外から見ればステロイドユーザーはとても健康的に見えるだろうね
身体の中では違うんだよ
ステロイドは悪いコレステロールLDLも劇的に増やすんだ
これは動脈硬化の原因にもなって動脈壁に沿って著しく固まるよ
動脈が塞がれて血流が制限されちゃう
確認せずにいた場合、心臓発作の原因になり得るね
同様にプラークが剥がれて細い血管にいってしまった場合でも
心臓発作の原因となるんだ

Author: muscletranslation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です